レンタルでもパソコンにはデスクトップやノート以外にテレビ接続型がある

型がある

レンタルできるパソコンの種類として、デスクトップとノートが知られています。据え置くならデスクトップが便利です。持ち歩くならノートタイプになります。それ以外にテレビに接続して使うタイプがあります。非常にコンパクトで高性能です。

操作のしやすさや疲れにくさはデスクトップが上

パソコンを新たにレンタルするとき、ノートタイプが良いかデスクトップタイプが良いかを決めなければいけません。どちらもコンピュータとして使えます。しかし、使い勝手としてはそれなりに違います。デスクトップタイプは、本体、ディスプレイ、キーボード、マウスがそれぞれ別になっています。本体に接続して、それぞれを自由に配置できます。ノートタイプの場合、すべてが一つにまとめられています。一見便利そうですが、操作がしづらくなる場合があります。長く作業をするとき、ディスプレイは目線の高さにある方が良いとされますが、ノートタイプだとそれは無理でしょう。デスクトップならディスプレイも自由に配置でき、キーボードも広いタイプなどを選べます。

外出や持ち運びが多いならノートタイプが有利

自宅でパソコンを使うとき、ノートタイプでもデスクトップタイプでもどちらでも選べます。しかし、自宅のある場所に固定しないなら話は変わります。デスクトップタイプはバッテリーがありません。本体とディスプレイはそれぞれ電源を必要とします。移動して使う時、いちいち接続をばらさないといけません。ノートタイプであれば、電源を抜き差しする程度で移動ができます。バッテリーで使って煎れば電源さえも不要です。持ち運ぶのを前提にしているときはデスクトップは選択できません。バッテリーがないからも理由ですが、ディスプレイ、本体、キーボードなどがばらばらだと外出先で非常に使いにくいです。ノートタイプなら、椅子に座りながら、カフェでなどいろいろなところで使えます。

USBメモリのように小さいタイプ

パソコンの周辺機器としてUSBメモリがあります。USBに差し込んで利用する外部記憶装置です。数ギガから数十ギガの容量もあり、手軽にデータの保存ができます。身近なもので言えば100円ライターと同じぐらいの大きさです。何とパソコン本体がUSBメモリのように小さいタイプがあります。使い方は、液晶テレビのHDMI端子に差し込むだけです。するとテレビ画面に表示されます。キーボードやマウスなどはブルートゥースで無線接続します。ミニタイプのUSB端子が接続できるので、外部記憶装置などとの接続も可能です。テレビがあるのであれば、これを買うだけで簡単にネットなどを利用できます。価格も安く抑えられているので、2台目として購入するのにちょうどいいかもしれません。