初めてのパソコン選び!失敗しないにはレンタル

初めてパソコンを選ぶときには、機種が多すぎて何を選べば良いのかわからないことだらけでしょう。今回は、初めてパソコンを購入する人のために選び方について考察して見ましたので、ぜひご参考にして見てください。まずはパソコンのレンタルをして気のうや操作性を比べるのもおすすめです。

何をしたいのかを考える

なんのためにパソコンを購入するのか、最初に見つめ直してみましょう。メールやソーシャルネットワークなどのチェックができれば良いという人もいれば、本格的にプログラミングをしたいという人もいるでしょう。
メールのチェックやソーシャルネットワークのチェックができれば良い程度であれば、画面サイズも小さくて良いですし、CPUスペックも必要最小限のもので良いでしょう。すると、比較的安価な価格のパソコンが見つかるはずです。
一方、プログラミングやグラフィック作成、動画編集などを行いたいのであれば、画面サイズは大きい方が良いですし、CPUスペックも高い方が快適に作業が行えます。
パソコンを購入する前に、パソコンの使い道をもう一度考えて見ましょう。

ノートが良いの?それともデスクトップ

パソコンを選ぶ選択肢として、ノートとデスクトップを選択しなくてはなりません。それぞれメリットもあればデメリットもあります。ノートパソコンであれば、小型軽量のため、持ち運びもできますし、最近のノートパソコンでは、カメラがついていたりスピーカーがついていたりして、ノートパソコンがあればある程度のことは一通りできるようになります。
一方、デスクトップパソコンであると、持ち歩きはできませんが、拡張性が高いのが魅力です。ヘビーユーザーであれば、ハードディスクもすぐにいっぱいになってしまうでしょう。そんなとき、簡単にハードディスクを増設できます。手軽さを優先するのであればノートパソコン、拡張性を優先するのであればデスクトップパソコンがオススメです。

メーカーを選ぼう!

パソコンも様々なメーカーから販売されています。メーカー選びのポイントとしては、「価格」、「サポート力」、「生産国」などの観点から選ぶと良いでしょう。
価格については、同じスペックのパソコンでもメーカーによって価格が異なります。ハイスペックモデルを安く購入できるメーカーが良いでしょう。
メーカーによりサポート体制は異なります。電話によるサポート窓口が設定されていて、24時間体制にてサポートしてくれるメーカーなどもありますが、電話は繋がりにくいものです。そこで、メールでもサポート対応してくれるメーカーを選ぶと、確実に良質なサポートが受けられます。
生産国については、やはり日本国内生産のパソコンが信頼性が高いです。その代わり、国内生産のモデルは価格が高くなりますので、まずはレンタルをしてお財布と相談しながら上手に選んで見てください。